不思議コラム

ビットコインのしくみ

「ビットコイン」という仮想通貨がブームになっているので、「自分もビットコイン投資がしてみたい!」と気になっている方は多いと思います。

最近特にニュースなどでは、「1ビットコインの価格が現在いくら?」といった具合に、投機的に価格が変動するものとして取り上げられることが多いので、「金の価格が上がったり下がったりするみたいなものかな?」というイメージを抱いておられる方も多いことでしょう。

もちろん、そうした価格が変動するものとして「投機の対象」となっていることも事実なので、価格変動を見越した売買をすることも一つの手段となっています。

しかし、ビットコインは、もともと「どこか一つの機関が帳簿をしっかり管理して、通貨としての価値を守っている」タイプのしくみではなく、「ネット上のそれぞれが、ビットコインに関わる取引を常に帳簿に書きながら、互いの内容が合致しているので、全体として価値を守っている」というしくみになっています。

こうしたしくみに基づいて、「互いの帳簿をしっかり計算し合う」作業によっても、ビットコインを入手することができます。

この検証作業を手元のコンピュータで行うことを「マイニング(採掘)」作業と呼び、世界にはビットコインを売買で入手するだけでなく、マイニングで入手している人たちもいる、というわけです。

またもう一つ、投資会社にBTCを預けて日利数パーセントの利益を可能にするHYIPという方法もあります。
極めて少額から参加する事が出来、スピード重視でティア(ビットモンスターだと5ティア)が付きますし、FXとアービトラージを自動運用してこの利率を実現しているそうです。

国などの特定の機関の手を離れている仮想通貨なので、国境をまたいでやりとりしやすく、今後も取引は伸びると予想されています。

[PR]
# by cursed_objects | 2017-06-20 22:33 | 雑記

外壁塗装と自社施工

最近、母がやけに家の外壁を気にしだし始めました。

きっかけは近隣の方々が「え?今って外壁塗装ブームなんですか?!」というくらい次々と塗装工事をやり始めたからです。

最初はそんなに興味無かった私ですが、言われてみればもう今の家に住み始めて15年以上は経過していますし、新築当時の家の様子を写真で見比べるとかなり外壁が色褪せて所々剥げていたりする所も悲しいかな発見してしまいました。

これからも何十年も住むことを考えると、そろそろ外壁塗装について本気で考え出した方がいいのかなという気分になり、親と定期的に話し合うようになりました。

また、億劫だなと思っていたのですが、近所の方のやり終わった後の外壁を見ていると、塗装し直しただけで同じ家のはずなのに生まれ変わったかのように新築感が増しますし、元の色と全く違う色を塗った所の家は最初の家とは全く別の新築みたいにかなりのイメージチェンジに成功していて、すごく楽しくなってしまいました。

ただちょっと気になることとして、建売住宅が集まった地区で数件が工事をしたのですが、ほぼ同じ築年数と家の間取りなのに施工会社によって価格がかなり違っていた事です。
塗装の種類や個所によってもちろん価格は違うと思いますが、会う家はほぼ同じ塗料を使用したのに片方が2割高くなっていたらしいのです。

詳しい人が言ってましたが、塗装を申し込んだ業者と実際に塗装をした業者が違うと2割以上高くなるそうです。

つまり、初めの業者は仕事だけ取っ手に割乗せ、施工業者に投げているという事ですね。
そういったことも踏まえて実家ではかなり慎重に神戸の外壁塗装会社を探して、上に書いた上乗せについて詳しい事情を書いていた自社施工の業者に依頼する事にしました。

[PR]
# by cursed_objects | 2017-05-23 22:01 | 日常

バイクの処分と経費、買取りについて

私は、カワサキ KX125(排気量 124cc)のバイクを売却しました。その売却において、如何にして余分な発生する余分な費用を軽減手法について記載します。

一般にバイクの売却の方法は、状況や条件により様々だと思います。

私の場合は、バイクが不要となったことで廃棄が必要になりました。購入から13年経過しており、バイクの稼働率も高かった関係で下取りなどできないような状況となっていました。

実際に、幾つかのバイク専門店に相談しましたが、廃棄料金が必要との査定でした。

売却益を得るのでなく、廃棄料を支払う状況となってしまいました。

そこで、ネットを使ってバイク買取のおすすめサービスを調査したところ、バイク本体を下取りして転売する業者さん以外に部品取りして転売する業者さんや部品取りして中古バイクを修理する業者さんの存在がわかりました。

そこで、該当するお寄りのバイク専門店を調査して、電話相談したところ、バイクの売却対応して頂ける業者さんが、2社程ありました。

その2社に対して電話で相談したところ、1社が最も差益が期待できることがわかりました。

結果として、売却料金と出張費用の差益が、ゼロサムに近い5千円程度となりました。

この程度の売却益ですが、廃棄料を取られることを考えると納得感のある査定であったと思います。


[PR]
# by cursed_objects | 2017-04-28 18:31 | 日常
主に雑感や、日常ネタ、趣味で集めた世界中の不思議な話を紹介しています。
by cursed_objects
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

脱臭装置
at 2018-03-16 21:14
マイナス遺産の相続
at 2018-01-12 20:12
専用の妊娠線予防クリーム
at 2017-11-27 22:37

タグ

イラスト:まるめな