不思議コラム

カテゴリ:その他( 11 )

ウェディングの形式

私は婚約してから親族の顔合わせをどうしたらいいのかまず悩みました。

結婚の挨拶は済ませていましたが、これから長い付き合いとなる親族との初顔合わせには不安がいっぱいでした。

結納についてどうするべきか、親族をどう紹介するのかなど分からないことだらけでした。

もし、お見合いや親族の紹介で結婚していたら、仲人に相談しながら進めていたのかもしれません。

ですが私たちは相談する人もなく、すべて自分たちで決めることになりました。

親が入ってきても、両家の主張によって揉めることもあると思うので、当事者がしっかりするのが一番だと思います。

話し合った結果、ゲストハウスでのウエディングを選び、結納はしないことになったのですが個室で夕食を取りながら、家族の紹介をすることになりました。

身内だけとはいえ、司会の進行は上がり症の夫が勤めましたがとても緊張していたようです。

私も夫からもらった婚約指輪を見せたり記念撮影をしたりと、和やかに顔合わせは済みほっとしました。

両家が顔を合わせる機会は結婚後あまりありませんが、無事に順序を踏めてほっとしました。

[PR]
by cursed_objects | 2017-04-19 20:54 | その他

投資と資金調達

現在、不動産投資を開始しようと準備や情報収集をしています。

土地と建物(アパート)を購入する予定なのですが、当然金融機関の融資が不可欠となってきます。

不動産会社が提携している、銀行等の金融機関もあれば、ノンバンク、政府系金融機関など選択肢は多岐に渡るのですが、土地建物を購入するまでに苦労したことをお伝えできればと思います。

現在投資用不動産は供給過多気味であり、金融庁はアパートローンの審査に関して、慎重になるよう指摘しているそうです。不動産バブルを警戒しているようです。

地方都市に住んでいる私にとって、メガバンクの支店は無く、必然的に地方金融機関で借入を検討するしかありませんでした。

近隣の金融機関ではマイナス金利の影響から融資実行金利もかなり安く、魅力的に感じる部分があり、問い合わせを何件かしてみました。

地方銀行、地場信用金庫などにアタックしたのですが、回答としては頭金を土地建物の30%を入れないと審査のテーブルに乗らないとのことでした。

以前まではフルローンなどは当然のように実行されていたそうなのですが、今後は頭金の確保と、潤沢なキャッシュを持つ属性の人間中心に審査するとのことでした。

結局私は、居住地以外の地方銀行でフルローンで審査を得たのですが、今後の不動産投資への参入は資金調達の面でハードルが上がってきていることを実感しました。

資金調達を考えるのであれば、物件選びの前に取引金融機関に目星をつけておくことをお勧めします。

[PR]
by cursed_objects | 2017-04-06 22:53 | その他

機械トラブル

食品工場での機械トラブル「出荷時間が迫る!?なのに配線がさび付いた…」

漬け物工場に勤めています。塩漬けした野菜を商品化していくので湿気が工場にあふれています。

大型業務用機械も工場内にあるので配線などは湿気から守るためにガードされているのですがガードされていない配線も中にはあります。

なので配線トラブルは頻繁に起こります。

機械メンテナンス担当者は数名いるのですが機械トラブルが同時に起こると対応できず工場の作業が遅れてしまうことも多々あります。

また急な注文(出荷30分前に伝票が入る)にも対応していたので機械トラブルは会社の信用問題にも関わることでした。

そんな中配線トラブルが起きました。

出荷時間が迫りトラックが会社で待機している中機械が止まってしまいました。

真っ青な顔で上司に報告しメンテナンスしてもらいましたが配線がさび付いていたので配線を交換するしかないという話になりました。

当然そのときの商品は出荷の時間に間に合わず事務所の方が断りの電話を入れていましたが…。

問題はこの後にもその機械を使う商品が残っていたことです。

一時は前に一度コンプレッサーを購入したことのある森繁機械商会在庫一覧から汎用の機械を購入して凌げないかという話になりましたが、ぎりぎりで配線工事の人が来て修理をしてくれました。

なんとか別の方法で対応できましたが、機械トラブルが起こると大変な事態になることを学びました。

[PR]
by cursed_objects | 2016-03-30 22:54 | その他

貸し倉庫

パート先の倉庫の事です。

販売の仕事をしていて、店の中に事務所スペースがありそこに送られてきた商品を保管するのですが、私が働いている店舗は事務所が狭く、商品が置く事が出来ないのでそのビルの一階の倉庫を借りていました。

倉庫は広く、充分なスペースもあるのですが商品が多くてダンボールですぐ埋まってしまいます。大変なのは、そこで商品の検品をして、2階へ運ばなくてはなりません。

大きなダンボール箱なので台車に乗せても二段重ねが限界。

それをエレベーターに乗せ何度も店と倉庫の間を往復します。それだけでも大変なのに、またこのエレベーターがやっかいで、他のテナントも入っているので荷物専用のエレベーターではなく一般のお客様も利用します。

当然お客様が乗られるときは優先して次のエレベーターを待ちます。

時間帯によっては人で混み合いエレベーター待ちで10分~15分待たされる事もあります。

また店に戻り商品を出したあと、空のダンボール箱を集めてまた倉庫へ運ばなくてはなりません。

毎日がその繰り返しです。

ここ1年でBtoCの配送業務が多くなり、外部への配送に割り当てられた在庫は、大阪の貸倉庫で、発送などの管理をするようになりました。

物流拠点の管理サービスなので、顧客への対応も早くなり、私達も出荷要請だけをすればよくなってので、かなり仕事が楽になったことを実感しました。

[PR]
by cursed_objects | 2016-03-18 22:31 | その他

サジェストキーワードとは?

仕事で会社のコーポレートサイト(オフィシャルサイト)のサジェスト検索のキーワードを調べて提出するように言われて、何となく会社の名前を検索して出たページでもプリントするのかなと思って生返事をしてしまいました。

なんとなく、会社の名前で検索していたらその話を一緒に聞いていた同僚の子が、「それサジェストデータと違いますよ。」と言われて、「え?」と思い、じゃあ一体サジェストって何ぞやと思い調べてみました。

基本的には、検索候補のリストの事だという事がわかりましたが、これがGoogleやbingだけではなく、今ではアマゾンやYOUTUBEにも組み込まれていて、その仕組みはバラバラ、つまりそれぞれのサイトでリストは違うし、時間の経過で刻々とそのデータは入れ替わっていることがわかりました。

サジェストの意味は理解できましたが、これを手でポチポチ入力して表示された一覧をエクセルに移していたら本来の業務なんてとてもできません。

どうしようかと思っていたところ、他にも同じ苦労をしていた人が居たのか、サジェストキーワードを調べてデータ化できるツールを公開しているホームページが結構見つかったのです。

その中でも、上にあげたような複数の種類の検索エンジンのデータを検索できるツールを見つけることが出来、そのデータを毎朝ダウンロードするだけで済むようになりました。

[PR]
by cursed_objects | 2015-09-08 20:12 | その他

五月病と占い

毎年新年度が始まって翌月になると、なんか気分が憂鬱で仕事を辞めようかどうかと悩むことがあります。

あれ?これは五月病と言うやつかなとも思ったのですが、そもそもこの5月病というのは新入社員などが慣れない環境で緊張していた神経がふと緩んでしまう事を差しているので、同じ仕事で部署も変わらない私の場合は当てはまりません。

でも必ずこの時期になると同じような症状で有給をとったりして何をする訳でもなく内に籠ることがあるのです。

先日は金曜に仕事が珍しく定時だったので町田駅周辺をぶらぶらしていました。

ドンキホーテーの前を通ってジョルナで立ち止まると「ここにそういえば占いハウスがあったな」とビルを見上げました。

スマホで依然町田で占いのショップなどを調べた時に、ここの地下にある事をチェックしていました。

ふらりと入って早速上記の気分の事を相談すると、どうも私の場合は5月と言うより梅雨の前になると憂鬱になるのではないかと言われました。

タロットカードには、夏への期待と裏切りが出ているそうです。

たしかに、梅雨が明ければ夏が来ますが、毎年特に期待したような楽しい事は起こらず、あきらめに似た心境でした。

今年は自分で何かをしてみよう!と思い、その後学生自体の友人を誘って旅行計画を立てました。

すると不思議な事に気持ちがワクワクして、憂鬱な気分が無くなっていくのを感じました。



[PR]
by cursed_objects | 2015-05-26 22:21 | その他

アラフォーの婚活注意点

婚活をやる意味についてみなさんは考えた事がありますでしょうか?

おそらくですが、最近は意外と多くの方が婚活をやる意味について深く考えた事があるかと思います。

それがどうしてかというと、ここ20年の間でもかなり女性の社会進出が進んで結婚の時期が遅くなった結果婚期を逃してしまう人が増えているからです。

それで40歳の手前になって急に結婚願望が芽生えたのは良いですが、その頃には周囲には結婚したいと思える人がいないという現象が多くなっています。

ですから、今の時代は婚活について真剣に考える人が多いというわけです。

そうしないと、何もしないでただ待っていても結婚できる可能性がほぼないからです。

なので最近は婚活を積極的にやる女性が以前とは比較にならないくらい多くなっています。
ただ、ひとつこれから始めようと思っている方は注意すべき事があります。

それは一体何かというと、この手の婚活イベントに参加する人はすべて初婚の人とは限らないという事です。

ですから、中にはバツイチ子持ちの人もいたりします。

もちろんそういうのが気にならないという方もいるかと思いますが、そうではないという方もいると思います。

大手の結婚相談センターが主催している婚活サイトなら、プロフィールの詳細はすべて調査済み、資料付き、離婚歴がある場合はその原因などについてある程度確認が取れていますので、気になる方ははじめにそのあたりの問題を突っ込んで聞いてみた方が良いと思います。


[PR]
by cursed_objects | 2015-03-13 19:22 | その他

ビリー・ゴートの呪い

シカゴ・カブスは1870年に創設された歴史あるプロ野球チームです。
創設から1945年までにリーグ優勝が16回、ワールドシリーズ優勝が2回とたいへん輝かしい成績をおさめています。
しかし1945年にリーグ優勝して以来、現在に至るまで1度もリーグ優勝をしていません。
これは「ビリー・ゴートの呪い」のせいではないかと言われています。


1945年10月6日、カブスはワールドシリーズ第4日目を迎えました。
3試合終えてカブスはデトロイト・タイガース相手に2勝しており、残り4試合で2勝すれば優勝といった状況でした。


その日試合はカブスの本拠地であるリグレー・フィールドで行われ、多くのカブスファンが押し寄せました。
ウイリアムスさんはカブスの熱狂的ファンで、この日リグレー・フィールドを訪れた観客の一人でした。


ウィリアムスさんはチームに幸運が訪れるようにと、ペットのマーフィーというビリー・ゴート(オス山羊という意味)を連れてきました。
自分とマーフィーの分、チケットを2枚購入し入場ゲートをくぐろうとしたときのことです。
スタッフが動物の入場は禁止されていると言い、ウイリアムスさんを引き留めました。
ここで押し問答となり、ウィリアムスさんはカブスのオーナーのフィリップ・K・リグリーにマーフィーの入場の許可を訴えました。


それに対してフィリップ・K・リグリーは「ヤギはダメだ」と言い、諦めきれないウィリアムスさんが「なぜヤギはダメなのか」と問うと、「ヤギは臭いからね」と返ってきました。


逆上したウィリアムスさんは「ヤギを球場に入場させない限り、今後カブスがワールドシリーズで勝つことは決してない」と言葉を吐き捨て、立ち去りました。


1946年からカブスがリーグ優勝することはなく、地区優勝が5回にとどまっています。


これが「ビリー・ゴートの呪い」と言われています。


[PR]
by cursed_objects | 2014-11-24 20:05 | その他

ビリー・ペンの呪い

アメリカのスポーツファンの間で語り継がれている「呪い」を紹介します。
フィラデルフィアに伝わる「ビリー・ペンの呪い」というものです。


フィラデルフィア市役所の塔の尖端にウイリアム・ペンという人物の銅像が据えられていました。
ウイリアム・ペンはフィラデルフィアの創始者であり、ペンシルバニアにおけるイギリス植民地の責任者でもありました。
フィラデルフィアにはこの銅像よりも高い建物を建築してはならないという一風変わった規制がありました。


b0346742_10215715.jpg
フィラデルフィア市役所


しかし1987年にこの規制は緩和され、高層ビルが建造され始めました。


フィラデルフィア・フィリーズ(プロ野球チーム)、フィラデルフィア・フライヤーズ(プロアイスホッケーチーム)、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ(プロバスケチーム)、フィラデルフィア・イーグルス(アメフトのチーム)といったようなプロのスポーツチームがフィラデルフィアを本拠地としています。
そしてどのチームも輝かしい成績を残していました。


それが1987年にウイリアム・ペンの銅像より高いビルが建ち始めてから、どのチームも優勝をかけた試合で勝利を収めることができなくなったのです。


人々はこれを「ビリー・ペンの呪い」と言いました。


2007年6月18日、建設中だったコムキャストセンターに最後の梁が運び上げられました。
コムキャストセンターは今のところフィラデルフィアで一番高いビルです。
「ビリー・ペンの呪い」を終わらせるべく、このフィラデルフィアで一番高いビルにウイリアム・ペンの銅像を据えたのです。


b0346742_10223408.jpg
ビルの屋上に据えられた銅像


すると翌年の2008年にフィラデルフィア・フィリーズがワールドシリーズで勝利を収め、呪いが解けたことが証明されたのです。


[PR]
by cursed_objects | 2014-11-20 19:43 | その他

呪われた番号

「呪われている」と言われる携帯電話の番号があります。
「0888-888-888」という番号を割り当てられると不運に見舞われるというのです。


この番号は2000年代初頭にブルガリアで発行され、ブルガリアの携帯電話会社のMobitelが所有しています。
当初、Mobitel社のCEOであるVladimir Grashnovがこの番号を使っていたのですが、2001年に彼は癌で死亡しました。


Vladimir Grashnovの死亡後、マフィアのボスのKonstantin Dimitroがこの番号を使用しました。
彼は2003年にモデルと食事に出かけた際、銃で撃たれて死亡しました。


それから今度はビジネスマンのKonstantin Dishlievにこの番号を使用しました。
2005年にブルガリアの首都にあるインド料理店の前で銃弾を数発受け死亡しました。


この3件の出来事を受けて、Mobitel社は「0888-888-888」を無期限利用停止としました。


[PR]
by cursed_objects | 2014-10-24 19:43 | その他
主に雑感や、日常ネタ、趣味で集めた世界中の不思議な話を紹介しています。
by cursed_objects
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

苦しい給料日前
at 2018-06-05 23:01
効率的なトレーニング
at 2018-05-08 23:02
脱臭装置
at 2018-03-16 21:14

タグ

イラスト:まるめな