不思議コラム

カテゴリ:日常( 15 )

外壁塗装と自社施工

最近、母がやけに家の外壁を気にしだし始めました。

きっかけは近隣の方々が「え?今って外壁塗装ブームなんですか?!」というくらい次々と塗装工事をやり始めたからです。

最初はそんなに興味無かった私ですが、言われてみればもう今の家に住み始めて15年以上は経過していますし、新築当時の家の様子を写真で見比べるとかなり外壁が色褪せて所々剥げていたりする所も悲しいかな発見してしまいました。

これからも何十年も住むことを考えると、そろそろ外壁塗装について本気で考え出した方がいいのかなという気分になり、親と定期的に話し合うようになりました。

また、億劫だなと思っていたのですが、近所の方のやり終わった後の外壁を見ていると、塗装し直しただけで同じ家のはずなのに生まれ変わったかのように新築感が増しますし、元の色と全く違う色を塗った所の家は最初の家とは全く別の新築みたいにかなりのイメージチェンジに成功していて、すごく楽しくなってしまいました。

ただちょっと気になることとして、建売住宅が集まった地区で数件が工事をしたのですが、ほぼ同じ築年数と家の間取りなのに施工会社によって価格がかなり違っていた事です。
塗装の種類や個所によってもちろん価格は違うと思いますが、会う家はほぼ同じ塗料を使用したのに片方が2割高くなっていたらしいのです。

詳しい人が言ってましたが、塗装を申し込んだ業者と実際に塗装をした業者が違うと2割以上高くなるそうです。

つまり、初めの業者は仕事だけ取っ手に割乗せ、施工業者に投げているという事ですね。
そういったことも踏まえて実家ではかなり慎重に神戸の外壁塗装会社を探して、上に書いた上乗せについて詳しい事情を書いていた自社施工の業者に依頼する事にしました。

[PR]
by cursed_objects | 2017-05-23 22:01 | 日常

バイクの処分と経費、買取りについて

私は、カワサキ KX125(排気量 124cc)のバイクを売却しました。その売却において、如何にして余分な発生する余分な費用を軽減手法について記載します。

一般にバイクの売却の方法は、状況や条件により様々だと思います。

私の場合は、バイクが不要となったことで廃棄が必要になりました。購入から13年経過しており、バイクの稼働率も高かった関係で下取りなどできないような状況となっていました。

実際に、幾つかのバイク専門店に相談しましたが、廃棄料金が必要との査定でした。

売却益を得るのでなく、廃棄料を支払う状況となってしまいました。

そこで、ネットを使ってバイク買取のおすすめサービスを調査したところ、バイク本体を下取りして転売する業者さん以外に部品取りして転売する業者さんや部品取りして中古バイクを修理する業者さんの存在がわかりました。

そこで、該当するお寄りのバイク専門店を調査して、電話相談したところ、バイクの売却対応して頂ける業者さんが、2社程ありました。

その2社に対して電話で相談したところ、1社が最も差益が期待できることがわかりました。

結果として、売却料金と出張費用の差益が、ゼロサムに近い5千円程度となりました。

この程度の売却益ですが、廃棄料を取られることを考えると納得感のある査定であったと思います。


[PR]
by cursed_objects | 2017-04-28 18:31 | 日常

実家の居間にプロジェクターを

先日実家へ行ったときの事、
実家を新築するにあたって、父が一室をホームシアタールームにしたいという希望があったため、現在の家でどんな感じで見えるのか確かめようという話になっていました。

ホームシアターの用品を揃えようとするとやはりそれなりの額になってしまい。

母と同居している妹、そして父が納得いくものではなかったら嫌だったので、いろいろ調べてる内にプロジェクターのレンタルがあることを知り、一度レンタルして映り具合を確認してみようと言う事になったようです。

とりあえず一週間ほど借りて設置しようというその時に私が訪れたので、一課増でで部屋の大改造をしました。

その時は100インチのスクリーンも一緒にレンタルし、家のリビングを簡易ホームシアター化してみました。

スピーカーやウーハーも新築時には導入予定でしたが今回はレンタルもありませんでしたし、家にも大したものが無かったので、私が昔使っていたコンポで代用しました。

100インチの大画面で見る映画は、家にいることを忘れさせてくれるほどのものでした。
液晶よりは確かに発色は劣るものの、大画面ということがすべてを満足させてくれました。

見慣れた映画のブルーレイも全然違うものを見てるようでした。

また、ゲームもしてみました。

レースゲームをしたのですがまさに自分が運転席にいて運転してるかのような画面の見え方でこれは私がたまに遊びたいと思いましたね。

[PR]
by cursed_objects | 2016-10-18 22:35 | 日常

賃貸物件

それは卒業後すぐに就職し、仕事にも慣れ収入も安定し出した20代前半の頃です。

心配性な両親の気持ちもありがたかったのですが、当時は常に干渉されながら生活することに鬱陶しさを感じ、思い切って一人暮らしをすることを決断し、勢いで不動産会社に飛び込みました。

「一人暮らしがしたいので、お部屋を探してください。」右も左も分からないような無知な若い女に、担当の方は大変親身に相談に乗って下さりました。

希望する市内の幾つかの部屋を見積もって頂き、その足でお部屋の見学に行くことになりました。

なかば思い付きで不動産会社に足を運んだというのに、当日中に武蔵境付近の賃貸物件をいくつか内見しました。

数件のアパートを覗かせて頂き、交通の便が良く近隣には病院やスーパー等の立地条件も申し分ない1Kのお部屋に決めました。

でも一番の決定打は、部屋に入ったその瞬間になぜか自分がそこで生活するイメージがブワッと膨らんでリアルに想像ができたからでした。

そういう意味では、賃貸探しというのは運命の出会いなんだろうなと感じました。

その後も三鷹、武蔵野界隈に住みつづけて10年になりますが、本当に住みよい街だなと思っています。

[PR]
by cursed_objects | 2016-08-19 20:20 | 日常

水回りのカビ対策

我が家のお風呂場は、システムバスで入居時に水回りを防カビコートしてもらったという事もあり、ほとんど、カビが発生していません。

プロの施工業者さんにガラス質の防カビコートを施してもらっているので、時々、天井の隅っこに黒い斑点を見つけることはありますが、クイックルワイパーの長い柄に、除菌シートを張り付けてふき取れば、きれいになります。

それに加えて、あるテレビ番組を見てから、お父さんがカビ対策をし始めたことも有効だったのかと思います。

テレビでは、夏のカビ対策を取り上げていました。50度のお湯を一か所あたり約1分かけることにより、ゴムパッキンの中に潜むカビ菌を退治することができるとの事。

カビは、カビキラーで掃除してもすぐ発生しますが、それはゴムパッキンの奥にカビ菌が生きていて、カビキラーはそこまで届かないらしいです。

うちのお父さんは、毎日お風呂に入ると、湯温を60度にしたり、50度にしたり、40度にしたりを繰り返します。

これが始まると「温度が変更されました」のアナウンスが忙しく聞こえ、又お父さん遊んでるわ~と思っていました。

こちらの思いは知らず、本人はお風呂中にお湯をかけ、最後にお掃除をして出てきます。
お陰様で、うっとしい梅雨も気持ちよくお風呂に入浴させてもらえてます。おとうさんありがとう。

「水回りが綺麗なら、部屋の掃除が行き届いているように見える」という風に聞いたことがあります。何で聞いた話かは忘れてしまったのですが、本当にその通りだと思います。

[PR]
by cursed_objects | 2016-07-27 22:56 | 日常

住宅ローンと離婚

知人に住宅ローンの支払いに困窮している人がいます。

離婚をし、子供を育てるシングルマザーですが、住宅ローンのリスクはローンを組んだ時点で将来に渡って十数年間一定額のローンを支払うという点です。

これが借家なら、現状に応じた家に引っ越せばいいだけですが、買ってしまうとなかなかそうはいきません。

売るにしても買い手が見つからないといけないところが一番のネックですし、第一ローンを支払わなければ競売という言葉が脳をよぎります。

実際は、住宅ローンを代位弁済する保証会社とうまく協議をして、任意売却に持っていくことが出来れば、ある程度楽にはなるのですが、一般的にはそんな知識がある人は少ないでしょう。

住宅ローンは一定所得以下の人には税額控除があったり、金利が安かったりとローンの中では最も優遇されているローンではありますが、多額の負債を抱える事には間違いないのです。

住宅を資産ととらえる人が多いです。

もちろん売ればお金になる資産なのだが、それは多くの場合担保に取られています。

住宅ローンを組んだ時点で多額の借金をして、将来への返済が約束されていると捉えるべきなのだと私は思います。

最初に述べた、女性も今40歳半ばでまだ家一軒建つくらいの住宅ローン返済を抱えており。そして家を売ることも出来ていません。

見かねて任意売却の専門家を紹介し、協議を始めるとの事ですが、まずは交渉がうまく行く事を祈っています。


[PR]
by cursed_objects | 2016-01-06 23:30 | 日常

お盆と四十九日

お盆に先祖代々のお墓にお参りにいきました。

親戚の人と一緒に先祖のお墓がある埼玉は和光市の霊園に供養するために出かけました。
今年は6月末に父親が亡くなったので、先日に四十九日を無事すませましたが、納骨は別の日にしました。

和光市の葬儀は市民葬の制度があり、行政が費用を負担してもらえます。
父の生前の希望もあり家族葬でこじんまりとしたのですが、親戚もお年寄りが多く動きが取れなかった人も結構いました。
今回の法要で実家から1時間ほど離れた霊園に猛暑の中で参列してもらうことは無理だと思ったからです。

今のところ涼しくなる10月を予定しているので、お墓参りは少し若い者だけでいくことにしました。若いといってもお互いいい歳ですので暑さはさすがにこたえました。

お墓に行くと雑草が茂っていて、廻りのお墓とのバランスも悪かったので、抜いて綺麗にしました。

お墓には軍人であった祖父と5年以上前に亡くなった祖母が供養されています。父親も秋には納骨されるので綺麗にしておきたかったので、車を洗うスポンジを持参してきたので、霊園にあるバケツでと手酌を借りて水をたっぷりかけてごしごし洗いました。暑い中で水に触れていると気持ちがよくなり、汗がだらだらでていましたがしっかり汚れを落としました。

父親の好きだった缶ビールを開けて、お供えしたあと2人で飲み干しました。良いことをしたあとのお酒はうまかったです。

写真を撮って母親に見せたところ喜んでくれました。

[PR]
by cursed_objects | 2015-08-27 22:17 | 日常

スマホ修理

私は、iPhone6とAQUOSPHONEを2台持ちしています。

AQUOSPHONEはもうすぐ四年くらいになります。
文明の発展著しい昨今、このスマホはもう時代遅れかもしれません。

そもそも2台持ちになったのは、iPhone6が欲しいけど高いので、新規契約特典狙いでNMPしようと思ったのですが、ちょうどフリー営業の仕事をはじめてもう一つ携帯が必要だったので古い方は契約したままでした。

先日急にAQUOSが充電が出来なくなったんですね。

正確には充電はできるけど、充電機から離すと異常な早さで電池を消費していくと言う状態です。

しかも、どんなに長く充電したとしても、マックス40%で頭打ちで、それ以上は充電出来ません。

ショップから電話連絡があったのですが、電池交換ではなく基板交換になってしまい、古い方は機種変更する事にしました。

悪い事は重なるもので、その時にiPhoneまで調子が悪くなってしまいました。

仕事で使っているのでこれはまずいぞと思い、アップルストアに行くと携帯を置いて数日間待たなくてはいけないとの事、それはちょっとと思い、iPhone修理を本厚木周辺で即日やってくれるお店を探しました。

幸い本厚木南口にfixというお店があって、見てもらうとボタン交換をしてもらえて作業も1時間程度でした。

[PR]
by cursed_objects | 2015-06-22 22:30 | 日常

両親への感謝のメッセージ

結婚式は参列する側から見ると長く見えたりするのですが、いざ自分が行う側になると全く時間が足りないことに気づきます。

主賓や友人代表からのスピーチはもちろん、自己紹介のプロフィールビデオに、さらにはテーブル回りなどそれらだけでほとんど新郎新婦が席にいなかったりします。余興なんかが盛り上がると余計に事態は悪化します。

そんな中で工夫したなと思えるのがプロフィールビデオが両親への感謝のメッセージになっていたものです。

それも、映像はプロに依頼したものらしく、そのままNHKで放送できるような完成度でした。

最初のムービーは二人の生い立ちなんかをナレーション入りで伝えるもので、そこは普通だったのですが、終盤に歌詞に合わせて両親への感謝を伝えるスタイルとなっており、歌と相まって参列者もほろりとさせられる内容になっていました。

友人や職場の人に気を使うあまり、本当は結婚式で一番感謝すべき存在である両親への配慮がおろそかになりがちです。もちろん当人たちは両親に感謝の気持ちを伝える何かをやりたい気持ちはあるのですが、時間がそれを許さないことが多いのです。

そこをうまく組み合わせて両親を主役にする時間を作ったことは賞賛していいことだと思います。両親も感動されていて見ているこちらもうるっとさせられる見事な演出だったと思います。

[PR]
by cursed_objects | 2015-05-12 22:27 | 日常

車検の種類

車検は、自家用の軽もしくは普通自動車の場合、初回は3年後、2回目以降は2年毎に受けなければなりません。

自動車所有者が車検を頼む場合、購入したもしくは近所のディラーに頼むディラー車検、代行業者に頼む車検代行の2パターンに分かれます。

単に費用を安く済ませ、車検を通すだけで良い場合は後者を選びますが、車検と同時に点検および整備を依頼する場合は、ディラーもしくは整備工場を選びます。

自動車所有者が運輸局に車を持ち込んで検査を受けるユーザー車検を選ぶこともできますが、土日祝日休みの一般的な会社員は、この方法を選ぶことができません。

そのかわり最近人気なのは、立ち合いで整備個所を確認できるホリデー車検が安いですし、かなり人気があるそうです。

私の場合、長く乗った車、もしくは中古車で購入した場合の車検については、2回に一度はディラーに依頼しています。

車は走行距離や所有年数、保管方法に応じて劣化する物体であり、定期的に点検を受けて、必要であれば部品交換を行うことにより、走行中の故障や故障によって引き起こされる事故を未然に防ぐという点では、ディーラーは自社製品を扱っている訳ですから、かなり入念に交換箇所を見積もってきます。

保険的な意味でそうしています。

しかし、入念すぎる所もあり費用も高くなりますね(汗)。

私は交互にしていましたが、この方法で8年目のマイカーは快調です。

たとえ自動車に乗る機会が少なくても、経年劣化は引き起こすので点検は必要ですので、。

[PR]
by cursed_objects | 2015-05-01 22:03 | 日常
主に雑感や、日常ネタ、趣味で集めた世界中の不思議な話を紹介しています。
by cursed_objects
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

脱臭装置
at 2018-03-16 21:14
マイナス遺産の相続
at 2018-01-12 20:12
専用の妊娠線予防クリーム
at 2017-11-27 22:37

タグ

イラスト:まるめな