不思議コラム

呪われた箱

今から150年前、Jacob Cooleyは黒人奴隷のHoseaに箱を作るよう命じました。
Jacobの第一子のために作らせようとしたのです。


Hoseaは丹精込めて木製の箱を作ったのですが、主人であるJacobは箱の出来に満足しませんでした。
そしてあろうことかHoseaを何度も何度も殴り、殺してしまったのです。


Cooley家の奴隷たちは友の復讐を誓い、フクロウの乾燥し粉状になった血を箱にふりかけ、男性の呪い師に呪いをかけてもらいました。


b0346742_11582732.jpg


Cooley家に生まれた第一子は幼くして死亡し、それから数年のうちに合計で17人もの人が亡くなりました。
これらの人の死はみな呪われた箱がもたらしたものであると言われています。


そして多くの犠牲者がでたのち、女性の呪い師によって呪いは解かれました。
箱は現在、ケンタッキー州のフランクフォートにあるケンタッキー歴史博物館に展示されています。


[PR]
by cursed_objects | 2014-10-01 20:07 | 家具
主に雑感や、日常ネタ、趣味で集めた世界中の不思議な話を紹介しています。
by cursed_objects
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

ドールズフロントラインのマニ..
at 2018-09-28 21:45
苦しい給料日前
at 2018-06-05 23:01
効率的なトレーニング
at 2018-05-08 23:02

タグ

イラスト:まるめな